千葉市稲毛区で首の痛み・頭痛ならご相談ください

院長のご挨拶

院長のご挨拶

院長山田

院長 山田 正樹

千葉市稲毛区出身

しし座のO型  45歳

趣味 ランニング・キャンプ・海外ドラマ

はじめまして院長の山田です。スペシフィックカイロプラクティックは首の骨(頚椎1番)を専門に調整することで、体全体に変化を起こす根本療法です。ボキボキやらないやさしい調整方法なので、小さな子供から高齢の方まで安心して受ける事ができます。

人には本来{痛み}や{病気}を自らの力で回復させる能力(自然治癒力)が備わっています。その生まれ持った能力がきちんと働ける為のきっかけ作りをさせていただきます。自然治癒力が正常に働きはじめ、自らの力だけで体が治癒していく事で、自身の体の持つ力に感動すると共に自信を持って頂ければと思います。

院長山田がカイロプラクターになるまで・・・

カイロプラクティックを始めるきっかけは、若かりし頃(20台前半)にトライアスロンをやっていて、成績を上げるために様々なトレーニング方法・食事法・サプリメントなどを試していくうちに、体のしくみに興味を抱くようになった事でした。

また周りに肩こりや腰痛で悩んでいる人がいて、そのような人たちに喜んでもらえるような仕事がいいなと思ったのも要因の一つです。

そして様々な施術法・療法を調べ、その中からカイロプラクティックを選びました。なぜかというとカイロプラクティックは他の施術法とは違い、根本的な体の改善をすることでした。

そして東洋医学的な考え方をしながらも、発祥はアメリカで西洋医学的な考え方も含まれていたので1番先進的に見えたこともあります。

そしてカイロプラクティックの専門学校に3年間(2000年~2003年)通い、生理学、解剖学などといった体の仕組みと、カイロプラクティックの理論、技術を6000時間以上勉強しました。

学校ではボキボキやるものから内臓調整や手足の指の調整まで様々なテクニックを学びましたが、自分が受けてみて1番いいと思ったスペシフィックカイロプラクティックを専門に決め切磋琢磨してきました。

在学中にはハワイ州立大学での解剖実習へ3回参加し、人体への理解を深めてきました。

学校終了後はセミナー参加や書籍などから技術・知識の向上に勤め、よりよい施術を提供できるよう日々励んでいます。

追記:2012年スペシフィックカイロプラクティックの第1人者である谷崎芳樹氏が主催するBJスペシフィック塾にて1年間学び研鑽を積んできました。

現在は谷崎氏のもとで月に一度行われている研究会に参加、更なるレベルアップを目指しています。

ハワイ大学解剖実習 セミナー写真  

アメリカ研修

スペシフィックカイロプラクティックのオフィス紹介

研究会で集まっている先生方のオフィスを紹介します。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional